スタッフインタビュー

公開:2019/2/28  
M・Mさん
ビーナスクラブ枚方/サブリーダー ※記載の役職は取材当時のものです。

小さくても一歩一歩、更なる成長を!

前職ではフィットネスクラブのインストラクター兼、フロントでの顧客情報・月会費の管理業務を担当しておりました。当時の自分はトレーニング指導やスタッフの育成に満足しており、かなり頑張っていると自負していました。

平成24年8月にビーナスへ入社させていただき、クラブで一ヶ月の研修を受け、9月からオープニングスタッフとしてビーナスクラブ守口の所属となりました。入社当時は根拠のない自信もあった事から元気が空回りしてフロア内をスライディング、失言も多々行いました。今思い返すと恥ずかしさしかない、どうしようもない人間でした。

ビーナスクラブ枚方に異動してからは、当時のリーダーと足並みが合わず、自分の愚かさから自信をなくし、委縮して業務を行っていたことも。現在5年目でサブリーダーとなり、「誰一人欠けて欲しくない、大切にしたい」と思えるスタッフ達と巡り会えました。こう思えるようになったのも、ビーナスで様々な方と関わって得られたたくさんの貴重な経験が、自己成長につながったからだと思います。

お世話になった多くのスタッフ、ご利用者様にも迷惑をかけ、日々失敗を繰り返し、今の自分があります。今ある恵まれた環境を大切に、今後も小さくても一歩一歩成長していけるように日々学び、更なる自己成長をし続けていきます。

皆様、今後ともご指導ご鞭撻を宜しくお願い致します。

●マイブーム
『人体のしくみ』
健康運動実践指導者養成講習会に参加させていただき、人体の動かし方は奥が深いなぁと興味を持ちました。
●夢
『現場で働き続けられるトレーナー』
最善の運動指導が出来るように知識を身につけ、「村田の指導が受けたい」と思っていただける指導者になりたい。目標を持った方々への指導ができる環境で自分を磨き続けたいです。
●尊敬する人
『Tエリアリーダー・ビーナスクラブ枚方 Tリーダー』
入社年が同年のお二人は入社した当時から僕の目標的存在でした。入社年のライフプランシートにも目標として書かせていただきましたが、今では遠い存在に…(笑)
収録:FACE 2017年秋号(2017年8月取材実施)