スタッフインタビュー

公開:2019/6/13  
T・Kさん
ビーナスケアセンター/統括責任者兼理学療法士 ※記載の役職は取材当時のものです。

人を愛することが人に愛される唯一のSignpost

皆様はスタッフ間において、どのような気持ちで接していますか?リーダーの皆様はスタッフを素直に愛し、そして側に寄り添われていますか?

私は平成27年2月に入社し、29年3月にビーナスプラス住之江の総括責任者 兼 理学療法士 としてリーダー1に昇進しました。その後、29年11月にリーダー2に昇進し、30年1月よりケアセンターに異動となり、現在は総括責任者 兼 理学療法士としてケアセンターにて勤務しております。

 

リーダーになってすぐに、私は悩みと苦悩の波に襲われました。スタッフを纏めようと必死で、絶対的上司であるIマネージャーのような理想のリーダー像を追いかけましたが、現実と理想とは、かけ離れていたように思います。

焦れば焦る程、人は纏まるどころか離れていき、私はリーダーに向いていない、やめたいとさえ思いました。どことなく事業所の空気が重たく、なんとなくスタッフみんなの目線が冷たく感じ、嫌われているんじゃないかとずっと不安な気持ちでした。実際その時の自分は全く自分らしくなく、笑顔も作らなければ笑えないというような状態でした。

 

事業所から帰宅する際「あぁ、今日も全然あかんかったなぁ。なんでこんな何もかも上手いこといかんのやろう。」と考えながら、駅に到着しました。その時、何気なく駅のPOPが目に入ってきたのです。

Be loved by people is to love the people

その言葉を見た時、何か目の前の霧が晴れたように感じました。それまでの私は、纏めたいという一点ばかりに目がいってしまい、人に理解してほしいと願うだけでしたが、この言葉を見た時に気付いたのです。

人を纏めたければ人に愛されること。人に愛して欲しいなら、まず人を愛するということ

 

そこから私の態度・行動・発言、全てが変わりました。

すると本当にスタッフが私を愛してくれ、「Kリーダーの為なら何でも頑張ります!」というスタッフばかりになり、まさに一致団結、「第二の家族」になりました

人にはそれぞれ色んな容姿・思考・創造・性格・好嫌等が当然あります。でも、だからこそ人は人を愛することができると思うんです。

私は今異動したばかりで、ケアセンターのスタッフに愛されているかどうかは分かりません。でも私は、ケアセンターのスタッフが大好きです。愛しています。これからも、リーダーとして、一人の人間としてケアセンターのスタッフを愛し、絶対に守ります。

 

私の自己成長は、「Be loved by people is to love the people」です。

●マイブーム
『TリーダーやK理学療法士と戯れること』
週に3回ぐらい電話をしてくる「Kリーダーの事が大好きでたまらない会」会長Tリーダー・副会長Kと戯れることです★笑
●夢
『ケアセンター・プラス住之江の仲間がリーダー会議にガンガン出てくること!!』
これからどんどんビーナスを盛り上げていくのに必要なメンバーが揃っています!私にこんな夢を持たせてくれたスタッフの皆、ありがとう!!
●尊敬する人
『親愛なる私の仲間(部下)』
松山由希を筆頭に、私に色々な人がいること、色々な考えがあること、人に愛され慕われる幸せを教えてくれた仲間が、
私の尊敬する人達です。
収録:FACE 2018年春号(2018年3月取材実施)