株式会社ビーナスの採用情報を全て掲載

スタッフインタビュー:M・Kさん

今回ご紹介するインタビューは、FACE 2018年秋号(2018年8月取材実施)に掲載した『M・Kさん(取材当時:ビーナスプラス/パート)』。パートとして長く働く秘訣について教えていただきました。
コミュニケーションと連携を大切に
M・Kさん
ビーナスプラス/パート
公開:2019/8/29  
※記載の役職は取材当時のものです。

 私がビーナスで働き始めたのは昔々で、ケアセンターからプラスとお世話になっています。

 未経験からのスタートでしたが、前職が販売業だったので、コミュニケーションの大切さはわかっているつもりでした。ですが、様々な場面の中での対応は難しいと思ったこともありました。限られた時間の中でも常に相手の立場で対応することで、ご利用者様の笑顔が引き出せることを日々実感しています。

 ご利用者様は人生の先輩だなあと思うこともしばしば。常識的な話や、経験談などを聞かせていただき、自然といろいろなことを学ばせていただいています。

 スタッフ間の連携もこの仕事には大切だと思います。プラスが出来てすぐの話ですが、とても深刻な状況のご利用者様の入浴介助をしなければならない時があり、「私一人では無理かも」と思っていたら、言いだす前にその当時プラスで働いていたTさん(現在のT課長)が、「僕、手伝います!」と自主的に入浴介助を手伝ってくださいました。そのご利用者様は精神的にも落ち込んでいらっしゃる様子でしたが、安全な楽しい入浴のおかげで喜んでいただけました。ご利用者様の人数が今ほど多くなかったから出来たことかもしれませんが、業務の垣根を超えたフォロー、今も感謝しています。

 立場はいろいろでも、私も臨機応変に動けるスタッフを目指して頑張ろうと思います。

●マイブーム
『美味しいものを食べて、飲むこと』
いろいろ話しながら、ダラダラ食べて飲むのが、ストレス解消になります。プラスのパートの「おば友」の皆さん、これからもよろしくお願いします。
●夢
『英語力向上』
中途半端だった英語力の向上を目指し、勉強を続けています。今は英語の書物をわかりやすく訳せるようになりたいです。
●尊敬する人
『西郷隆盛』
大河ドラマ「西郷どん」にハマっています。常に相手の立場に立って物事を考え、逆境を乗り越えていく姿がステキ〜というか、尊敬します。
収録:FACE 2018年秋号(2018年8月取材実施)