スタッフインタビュー

公開:2019/12/26  
M・Sさん
ビーナスプラス大野芝/リーダー ※記載の役職は取材当時のものです。

仕事を楽しむことで成長を実感

ビーナスに就職して、初めて管理者を任された時に、自分の人生で最も成長できたと感じました

先ず、働き方や考え方が変わりました。売り上げや契約数はもちろんの事、どうすれば欠席率を下げることが出来るかなど、経営者側の考え方が出来るようになりました。
当然ですが、一人で運営する事は出来ないので、スタッフの協力が不可欠です。このことに気付けたことも人生の中で大きな成長となりました。

人間同士が働いていて、人間を相手にしている仕事なので、もちろん不満や相談事は沢山ありました。
自分にしてみればなにも感じないようなことでも、相手にしてみればたくさん悩み、その上で相談に来ているのだから、相手の言葉をしっかり聞くようになりました。

また、目標を達成するにあたり、それに向けての熱意をスタッフに伝えることの重要性も知りました。ただ業務をこなすだけの管理者ではなく、人間関係への意識や、目標意識を持つこと、そして何よりスタッフへその熱意が伝わらないと人は動いてくれません。これらのことを意識して、運営することは本当に難しいです。

しかし、難しい仕事や大変な仕事も、自ら考えて能動的に働いていると楽しくなってきます。仕事が楽しければ、一日の大半が仕事なので人生が楽しくなります。
どうしても辛い時や、しんどい時は、仲間からもらったサンクスカードを読み返すことで力をもらっています。

最後に、職場の仲間は第二の家族だと感じています。軍隊みたいな職場にはしたくありません。

社員の幸福を通して社会に貢献する

この経営理念を胸に刻み、一緒に働いて下さっているスタッフに感謝し、残業のない幸せな職場作りを今後も目指してまいります。

●マイブーム
『ヒーター付きベスト』
送迎時にとても重宝しています。ホッカイロと違い、ヒーター付きベストだと、温度設定もできますし、熱い時は電源を切ることが出来ます。
●夢
『温泉地の近くに住み、田舎で野菜を育てて暮らすこと』
温泉だけでなく、銀行通帳もほっこりしていれば最高です。
●尊敬する人
『泉佐野市の職員』
知恵を惜しみなく出し合って、ふるさと納税の人気ランキング1位になったことや、アマゾン割引券の返礼品には脱帽しました。
収録:FACE 2019年春号(2019年2月取材実施)