スタッフインタビュー

公開:2020/3/26  
A・Nさん
ビーナスクラブ河内小阪/正社員 ※記載の役職は取材当時のものです。

素の自分を出すことでみんなから頼られる存在へ

私はビーナスに入社して良かったと心から思います。

入社した頃の私は、前職がリハビリデイサービスに勤めていた事もあり、経験も知識もあるから仕事ができると思っていました。入社してしばらく経つと「なぜ私に仕事を振らないのか?仕事ができるのに」と勘違いしていました。今思えばすごく恥ずかしいのですが…。仕事がもらえないことからふてくされる時期もありました。

ある時から、ふてくされたり、やる気を無くすことは無駄な時間だと思うようになり、それからフロアで一番大きな声を出したり、ご利用者様と積極的に話をしたりするようになりました。仕事ができる人を演じていたことに気づき、周りは気にせず、心から仕事が楽しいと思えるように、素の自分を出すようにしました

すると周囲の評価も変化し、Sスタッフ、サブリーダーになり、色々な仕事を任せていただけるようになりました。今は、ビーナスクラブ河内小阪のスタッフと一緒に楽しくお仕事が出来ること、ご利用者様の健康維持・改善をサポート出来ることが生きがいです。

これからもビーナスでいろんな事を吸収して、成長していきたいと思います。

●マイブーム
『パンを食べること』
事業所のオーブントースターでいろんなパンを焼いて食べるのがマイブームです。
●夢
『ビーナスで出世すること』
今の仕事が心から好きです。熱い気持ちは誰にも負けません。
●尊敬する人
『何かに一生懸命な人』
一人だけ選ぶのは難しいです。尊敬できる人は今まで出会った人の中にたくさんいます。
収録:FACE 2019年秋号(2019年8月取材実施)