スタッフインタビュー

公開:2020/11/25  
K・Tさん
ビーナスクラブ守口/社員 ※記載の役職は取材当時のものです。

初心を忘れずに後輩を支える人間になる

私がビーナスに入社したのは4年前です。

今まで福祉の勉強は全くしたことがなく、資格も何も取得していなかったため不安もありましたが、運動指導の勉強は大学で学んでいたため、ビーナスの半日型に特化したデイサービスに興味を持ったのがきっかけです。

入社して間もない頃は若さと元気さに頼って一日を乗り切っていましたが、体調を崩してしまう日もありました。しかし、当時のリーダーやマネージャーが気にかけて下さり、続けることができました。異動も重なり、覚えなければならないことも多く、落ち込む時期もありましたが、先輩方、家族にも支えられ、今はとても仕事にやりがいを感じています

色々な事業所も経験しましたが、その事業所それぞれの個性や色がありました。それも今の自分の成長につながっている一つだと思います。

現在も成長段階ですが、勤続年数が増えるにつれて後輩のスタッフも増えるようになりました。自分の性格上、人に対して何か意見を言うタイプではなかったのですが、言うことは悪いことではない、言わないと気付かないこともあると今のリーダーに教えてもらいました。

現在は何事にも善し悪しをはっきりするようになりました。入って間もないスタッフもおり、過去の自分を思い出しながら初心を忘れずに指導しております。今後もご利用者様の健康の為に運動指導をおこなってまいります。

●マイブーム
『料理』
簡単なものではありますが、携帯のアプリを見ながら作ります。
●夢
『サブリーダー、リーダーになること』
●尊敬する人
『三浦知良選手』
現役プロサッカー選手であり、60歳を前にしても未だ現役を続けておられます。「自分はまだまだ出来る」という向上心を、私ももっと見習いたいです。
収録:FACE 2020年秋号(2020年8月取材実施)
PC用のLINE@バナー SP用のLINE@バナー