スタッフインタビュー

公開:2021/7/28  
H・Nさん
ビーナスクラブ春日/リーダー ※記載の役職は取材当時のものです。

自分ならできる!とチャレンジする

ビーナスに入社して3年6ヶ月、2021年の4月よりビーナスクラブ春日のリーダーになりました。

介護も運動指導の経験もなかったのですが、人見知りなのに人と接する仕事が好きで、「経験・年齢不問」に勇気を出して面接へ

デイサービスのイメージが、高齢者の方が椅子に座りテーブルで折り紙をしているイメージしかなかった私は、目も耳も疑いました。 『え?!元気すぎるやん?!』有酸素マシンでバリバリに運動し、リズム体操では、ほとんどの方が立位でされるのを見た瞬間、ワクワクが止まりませんでした!

私もここで働いて元気になりたい!ここは私が働く場所なんだ!と勝手に思い、無事に入社をさせていただきました。

当時のリーダーには感謝しかありません。入社したばかりの私に様々な仕事を任せてくださり、信頼されているという安心感と責任感で、とにかく必死に介護保険法や制度を勉強しました。運動や送迎は、サブリーダーやブラザー、スタッフの皆さんが本当に丁寧に教えてくださいました。『あなたなら出来る』が前提で仕事や業務を教えてくださった事がとても嬉しく、今の私の仕事のしかたの土台になっています。

最初の試練はブラザーになり、2人目を担当した時でした。大きな挫折をし、3人目も退職・・・かなり落ち込み、もうブラザーはしない!と半べその私を2番目のリーダーは支えてくれ、失敗しかしていないのに何故かブラザー研修での発表の機会を与えてくださり、おかげで前を向く事が出来ました。

私は常に上司に恵まれていたので、ずっとサブでいい、ずっとリーダーを支える存在でいたいと、考えていました。自分がリーダーになるとは、全く思ってもいませんでしたが、お話をいただいた時に、ずっと同じ環境にいるよりも、新しい事に挑戦したいと考えるようになりました。 『あなた(私)なら出来る』と勝手にまた思い込んだ訳です。歴代リーダーにそうやって育てていただいたので、私もリーダーにチャレンジしようと決心しました。

春日ではスタートから本当にいろいろな事が次々と起こり、何度も心が折れそうになりましたが、サブリーダーをはじめ、社員のみんなや、パートさんや看護師さんがサポートをしてくれます。

スタッフが、春日で働いて良かった、毎日がワクワクする!と感じてくれるよう、自分自身もそう思い続けられるよう毎日チャレンジし続けていきます!

『不可能なことなどない。 Impossible(不可能) という単語自体に、 I’m possible (私にはできる) と書いてあるのだから』 大好きなこの言葉を胸に、これからも成長していきます!

●マイブーム
『筋トレ』
腹筋を割ります!
●夢
『本に囲まれた生活』
こう見えて読書好きです。老後は読書三昧。
●尊敬する人
『自分に限界を作らない人』
「出来ないと決めつけなければ、大抵の事はできるで」と言っていた友人がおり、本当にいい加減な奴でしたがそこだけは尊敬しています(笑)
収録:FACE 2021年夏号(2021年5月取材実施)
PC用のLINE@バナー SP用のLINE@バナー