スタッフインタビュー

公開:2021/10/28  
Y・Oさん
ビーナスプラス稲葉/理学療法士・サブリーダー ※記載の役職は取材当時のものです。

感謝の言葉がなによりの励みに!

ビーナスに入社して約4年が経ちました。前職では回復期病棟のある病院に努めており、入院患者のリハビリを行っていました。元々、退院後の支援に興味があり、通所リハのある施設に転職しようと考えていた時にビーナスプラスを見学しました。

そこでは自分のイメージとは違い、ご利用者さまが自ら身体を良くしようと明るくリハビリに取り組んでおり、私もそのような方たちの支援がしたいと思い入職を決意しました。

入職してみて、病院との働き方の違いに驚き、その中でも体験対応に一番苦労しました。

最初は、短い時間で評価や治療を行い体験者さまに満足していただくことがなかなかできませんでしたが、ただ評価や治療を行うのではなく、その方々の性格や求めていることを瞬時に把握し対応するなど、より親身になって対応することを心がけるようになり、徐々にご契約していただけるようになりました。

今では私が体験対応した方から『あなたのおかげで体も楽になったし、とても楽しく通えている』と、お声をかけていただけるようになり、それが仕事をする上でとても励みになっています。

これからはセラピストとしてだけでなく、サブリーダーとしても責任と自覚を持って仕事に励み、より成長していけたらと思います。

●マイブーム
『釣り』
子どもの頃に親に連れて行ってもらっていた関係で、今ではひとりでも行くくらいの趣味になっています。釣った魚は自分で調理して家族に振舞っています。
●夢
『子どもと柔道をする』
昔から柔道をやっており、子どもにも習わせて大きくなった時に試合が出来たらいいなと思っています。
●尊敬する人
『Nマネージャー』
入社してから3年ほど一緒に働かせていただき、仕事のことだけでなく、子育ての事など色々と教えていただきました。これからもご指導よろしくお願いします!笑
収録:FACE 2021年秋号(2021年8月取材実施)
PC用のLINE@バナー SP用のLINE@バナー