スタッフインタビュー

公開:2022/2/23  
H・Tさん
ビーナスクラブ菩提/看護師 ※記載の役職は取材当時のものです。

看護師に必要な優しさと知識

ビーナスクラブ菩提がオープンした12年前、 ご縁があってMケアマネジャーにお声を掛けていただき、働かせていただく事になりました。

長男出産後初めての仕事。前職は精神科動務でしたので、デイサービスでのお仕事は知識・経験もなく失敗する事もたくさんありました。

2年程勤めた後、長女の出産の為に一度退職し、その後クリニック等で動務しましたが、ビーナスに戻りたい思いがずっと残っていて、6年前に復職いたしました。

様々なクリニックでの経験で微力ながら知識を得て、全く自分に自信が無かった状態から少しだけ自信を持てるようになり、看護学生時代に先生にかけていただいた「優しさだけでは看護は出来ない。勉強をして知識を持つように」の言葉を思い出しました。

少し自信を持てるようになってまたビーナスで働かせていただくと、以前よりもご利用者様と楽しく会話をする自分に気づきました。ご利用者様は元気で明るく、優しい方が多いです。スタッフも明るくご利用者様思いです。そんな素敵な事業所で、介護や疾患の事をもっと勉強して知識を得たい!お役に立ちたい!と前向きな気持ちになりました。

色々な人たちに支えられ、今は本当にビーナスでお仕事をしている事がとても楽しいです。また、様々な事業所への応援勤務も良い経験と勉強になっています。たくさんのスタッフの方、ご利用者様に出会える事が楽しいです。これからも失敗したり、迷惑をかけることもあると思いますが感謝の気持ちを忘れずに自分に出来ることを頑張っていきたいと思います。

●マイブーム
『DVD鑑賞』
Six TONESのライブを子どもたちと見て家で騒いでいます。(近所迷惑にならないように声のボリュームは下げています!)
●夢
『自分が元気でいること』
コロナ鍋が落ち着いたら、オシャレなカフェ巡りや、Six TONESのライブに行く!
●尊敬する人
『両親』 
後先考えずに行動してしまう私を二人ともいつも温かく見守ってくれています。自分が親になってから親の偉大さ、優しさがわかりました。
収録:FACE 2022年新春号(2021年12月取材実施)
PC用のLINE@バナー SP用のLINE@バナー